一橋大学 男女共同参画ポリシー

 

 

一橋大学長 男女共同参画推進本部長 蓼沼宏一

一橋大学長
男女共同参画推進本部長
蓼沼 宏一

1999年に施行された男女共同参画社会基本法は,性別に関わりなくすべての人々がその能力と個性を発揮することができる社会の実現を,21世紀における我が国の最重要課題として位置づけています。

 

 一橋大学研究教育憲章が掲げるように,一橋大学は,日本及び世界の自由で平和な政治経済社会の構築に広く貢献するリーダーの育成をミッションとしてきました。グローバル化が進む現代社会におけるリーダーにとって,人々の個性,多様性の尊重はとりわけ重要であり,一橋大学はこうした観点に立って,大学における男女共同参画を推進します。

 

 

 

1.男女共同参画社会への意識を醸成するため,様々な機会を通じて学内における啓発活動を推進
 します。

 

2.教職員・学生等が性別に関わりなく対等の人格として尊重される環境を享受できるよう,ハラス
 メント
の防止と排除に努めます。

 

3.教職員・学生等のワーク・ライフ・バランス向上のため,学修・教育研究・就業とライフイベントの
 両立に向けて,学内体制を整備し,育児・介護支援などを推進します。

 

4.多様な人材の確保による教育研究活動の活発化のために,教職員の採用・昇進等において男女の
 均等な
機会を確保します。